漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

クラウドファンディングのリターンに迷ったら参考にしたいポイントをご紹介!

クラウドファンディングのリターンに迷ったら参考にしたいポイントをご紹介!

達成させたいプロジェクトがある、商品化させたいものがある、でも資金的な問題がある、そんな時に利用したいのがクラウドファンディング。
プロジェクト内容に共感した人たちからの資金を募る資金調達方法です。
クラウドファンディングに参加する楽しみの一つでもあるリターンと呼ばれるお返し。
クラウドファンディングを始めてみようと思った時にリターンを何にするか?結構迷いますよね。
今回はクラウドファンディングに関してのリターンを選ぶポイントをご紹介していきます。

目次

クラウドファンディングの種類は大きく分けて3つ

クラウドファンディングは大きく分けると3つの分類になります。

寄付型のクラウドファンディング

寄付型の場合は「〇〇の治療費の支援」「〇〇の復興支援」といった内容が多く、資金を寄付する形になりますので、基本的にリターンがないものが多いです。

購入型のクラウドファンディング

購入型のクラウドファンディングの場合は、商品サービスをリターンとして送る内容になります。

投資型のクラウドファンディング

個人や投資家から資金を募り資金自体を増やした状態で融資する内容。
融資を行う投資型の場合は、リターンの内容が利回り分配という形で行われますので、お金が投資額に応じて入ってきます。

有名人、著名人も行っているクラウドファンディング

実は有名人や著名人も実現させたい目標がある時にクラウドファンディングを行って資金を募る事があります。
今回は3つほど例をご紹介します。

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん

参照:https://camp-fire.jp/projects/view/10837

鉛筆で書いた作品はテレビで紹介され、多くの人たちに知られていますが、『えんとつ町のプペル展』を入場無料で開催するのを目標に、2016年に開催費の資金をクラウドファンディングで募りました。
目標金額は180万円でしたが、最終的に4,600万円の資金調達を達成でき、個展も大盛況でした。
リターンは作品の絵本や読み聞かせ動画などが送られました。

宮本恒靖さん

宮本恒靖さん

参照:https://greenfunding.jp/lab/projects/1338

元サッカー日本代表のキャプテンを務めた事でも知られる宮本恒靖さんも、2015年に
以前、紛争が起こったボスニア・ヘルツェゴビナでのスポーツアカデミー運営資金の調達を目的とした支援を募り、目標額150万円に対して310万円の資金を集める事に成功しました。
リターンでは金額に応じて、動画メッセージやオリジナルTシャツ、 FIFAマスター修士論文などがありました。

古村比呂さん

古村比呂さん

参照:https://readyfor.jp/projects/hiraku2019

自らも闘病中の女優、古村比呂さんですが、一般社団法人「HIRAKU人にやさしいプロジェクト」の代表理事も務めており、「HIRAKU人にやさしいプロジェクト」活動の支援金を募るプロジェクトが2020年4月に行われました。
目標額の200万円に対し、246万円の支援額を集めることが出来ています。
リターン品はサンクスメールをはじめとして、コースに応じてオリジナルエコバッグや古村さんの著書、web交流会、オリジナルTシャツなどのグッズなどがありました。

クラウドファンディングのリターンの一例はどのようなものがあるのか?

有名人もクラウドファンディングを行っているのがわかりましたが、他の人はどのようなプロジェクト内容、そしてリターンを行っているのかも気になりますよね。
今回はこれまでに行われてきているクラウドファウンディング5例をご紹介します。

日本のド真ん中に「心の火を燃やし、人の進化をつくる」ジムを。

日本のド真ん中に「心の火を燃やし、人の進化をつくる」ジムを。

参照:https://readyfor.jp/projects/goal-b-fitness

株式会社GOAL-Bのジムのオープンに向けての資金調達として行っているプロジェクトです。
運転資金や設備資金なども含めて資金を募っています。
リターンでは、プレオープンイベントの参加券やビジター利用、Tシャツ受け取りとジム見学など、複数の選択肢があります。

自然にいざなう"野生への扉"|那須どうぶつ王国応援プロジェクト

自然にいざなう"野生への扉"|那須どうぶつ王国応援プロジェクト

参照:https://readyfor.jp/projects/nasu-oukoku

ここ最近、新しくスナネコがお目見えしてテレビのニュースでも見かける事が多い那須動物王国。
こちらでもプロジェクトを立ちあげ、支援を募っております。
施設の建設費用や飼育環境の維持など、動物園の運営に必要な費用の支援をこのプロジェクトを通じて行うことが出来ます。
リターンが不要なコースと、ハシビロコウやマヌルネコなど各動物のグッズなどがリターンとして用意されています。

新江ノ島水族館|あなたと生き物を繋ぐ #えのすいファンディング

新江ノ島水族館|あなたと生き物を繋ぐ #えのすいファンディング

参照:https://readyfor.jp/projects/enosui2020

長い休館期間などがあった影響も含め、新江ノ島水族館での運営費などに活用する資金提供を募っています。
リターンでは支援額によりお気持ちのメールをはじめ、支援証や招待券、館内にお名前掲載、卓上カレンダー、福袋など様々なコース、リターン内容が盛り込まれています。

因島の魅力を伝える発信基地をつくりたい

因島の魅力を伝える発信基地をつくりたい

参照:https://readyfor.jp/projects/hub-inn-innoshima0908

ポルノグラフィティさんの生まれ育った場所でもある因島。
因島の魅力を島内外の人に再発見してもらえる発信基地として運営しているHUB INN(ハブイン)など、因島の魅力を伝えるための活動資金としてクラウドファンディングを募っています。
リターンなしの応援コースをはじめとして、オリジナルスケッチブックや、hub up会員、ご宿泊券などのリターンもコースによって選ぶ事が出来ます。

八王子の珈琲屋4店舗 瀬戸際プロジェクト ~継続していきたい~

八王子の珈琲屋4店舗 瀬戸際プロジェクト ~継続していきたい~

参照:https://camp-fire.jp/projects/view/256836

八王子のコーヒー専門店が立てたクラウドファンディングです。
八王子のカフェ・喫茶店のポータルサイトを作りたいという目的でサイトを作成するべく行われた支援募集でした。
支援に関しては支援のみのリターンなしのコースをはじめ、コーヒー利用チケット
&ドリップコーヒー、オリジナルTシャツなど。

リターンを選ぶ際に意識しておきたい事

事前に他のクラウドファンディングのプロジェクト事例を見ていくうちになんとなくリターンの商品やサービス内容も把握できてきましたね。
実際に自分たちがクラウドファンディングを募る場合のリターンを選ぶ際に意識しておきたい部分もあります。

内容に関連したリターンを

立ち上げるクラウドファンディングの内容に関連したリターンにしたほうが違和感がありません。
例えば動物関連の支援であれば、オリジナルグッズをリターンで送る、ショップなどの運営支援であれば、利用の際に使えるチケットを贈るなどを考えていきましょう。

迷いすぎると時間だけが過ぎていく

リターンの内容を見て支援してくださる方も多いので、魅力的なリターンを!と思いつつリターン内容だけに迷ってしまうと時間だけが延々と過ぎてしまいます。
まず目的達成のために資金調達が必要な状況という事もあるはずなので、あまり迷いすぎない程度に検討していきましょう。

そのリターンは資金に見合っていますか?

リターンの内容でお礼のメッセージのみという例もありますが、高額すぎる支援に対してメッセージのみだと支援者も集まりにくくなる可能性があります。
「同じ額を支援するならリターン内容に納得できるところへ」となると思いますので、資金額に見合ったリターンを考えると良いでしょう。

リターンにコストをかけすぎない

リターン内容を充実させようとして作成したものの、リターンの制作費の方がかかってしまい、かえって赤字になってしまったという例もちらほら聞かれます。
何のためのクラウドファンディングなのかわからなくなってしまいますよね。
後、リターン品作成だけのコストだけ気にする人も多いですが、忘れてはいけないのが、リターン品を作成する際にかかる消費税や、お送りするための送料も含めて考えるようにしましょう。
リターンにはあまりコストがかかりすぎないように、そしてあくまでもお返しだという点も踏まえてリターンを何にするかを検討しましょう。

価格の設定について

見ている人によって支援したい金額に違いが出てきます。
そのため、価格に関してはいくつか選択肢を広げた方が良いです。
知らない人が手軽に支援できる3千円、5千円程度のコースをはじめ1万円、3万円、5万円、10万円といった具合に、いくつかのコースに分けるようにしてみましょう。
ただ、リターンの種類を多くしすぎると逆効果になる可能性もあります。
ジャムの法則をご存じでしょうか?
6種類のジャムと24種類のジャムを並べて販売してみると、6種類のジャムを買ってしまう客が多いという結果もあります。
コースの数については、少なすぎても多すぎても選択肢的に迷い、面倒だと感じてしまう可能性もありますので、10種類程度にしておいた方が確認もしやすいし選びやすいでしょう。

他のプロジェクトを見て参考にしてみる

リターンの内容に迷ったら他の人はどのようにしてリターン品を決めているのか?といった部分も兼ねて他のプロジェクトを見てみると参考になります。
特に自分と同じ業種や達成目標の内容に近いプロジェクトはチェックしておくと良いでしょう。

リターンにするもの、決まりましたか?

今回はクラウドファンディングのリターンについて色々とご紹介しましたが、見ていくうちになんとなくリターンにする内容はある程度決まりましたか?
リターンがなかなか決まらないというようであれば、弊社のTMIXを参考に検討してみる事もおすすめします。
TMIXでは手軽に行えるデザイン入稿でオリジナルのTシャツやパーカー、バッグやスマホバッテリーなど様々なオリジナルグッズが作成できます。
クラウドファンディングのリターンでオリジナルTシャツを作成するという例も多いですよね。
TMIXでのTシャツ作成は単色でも複数カラー使用でも価格は同じ!
低コストでオリジナルTシャツが作成できる事でも好評です。
1枚からの試作も可能ですし、発注数が多ければ多くなるほど割引されます。
ちなみにリターンでTシャツを検討している場合、リターン内容の記載に準備しているサイズやサイズごとの在庫数も一緒に記載しておくと良いでしょう。
その方も支援者にとって選びやすくなります。
クラウドファンディングのリターンに迷ったら、弊社のTMIXを利用してみてください。

TMIXでオリジナルグッズを作ってみる

クラウドファンディングのリターンに迷ったら参考にしたいポイントをご紹介!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧