漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

クラウドファンディングのメリット&デメリットとは?種類や仕組みを詳しく解説!

クラウドファンディングのメリット&デメリットとは?種類や仕組みを詳しく解説!

最近よく耳にする「クラウドファンディング」実際はどのようなものなのでしょうか。

目次

クラウドファンディングとはどんなしくみ?

クラウドファンディングとは、インターネット上でプロジェクトの資金集めをする方法です。企業と違って個人だとプロジェクトを進めたいと思っても資金調達は難しい問題です。しかし、クラウドファンディングを使うことで気軽に資金調達が誰でもできることが特徴といえます。プラットフォームと呼ばれるクラウドファンディングの募集サイトを使って告知をし、そのプロジェクトに賛同する人たちが支援をしてくれれば必要な資金を集められるというしくみになります。

クラウドファンディングの種類は?

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには大きく分類して3つの種類があります。

ひとつめは「購入型」ふたつめ「寄付型」最後は「投資型」です。

さらにその中の分類として「購入型」と呼ばれるものには「All or Nothing(オールオアナッシング)型」と「All in(オールイン)型」の2種類があります。

1.購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングは、支援者がお金を出してくれる見返りとして、商品やサービスを提供する仕組みです。

見返りとして支援者へ商品やサービスを戻すことをリターンといいます。

プロジェクトへの寄付とは異なり、商品やサービスの提供というしくみから購入型といわれています。有名なところでいえば映画の「カメラを止めるな」はまさにこの購入型にあたります。購入型の中の種類で「All or Nothing(オールオアナッシング)型」と「All in(オールイン)型」のふたつのちがいはなんでしょうか。

・All or Nothing型クラウドファンディング

All or Nothing(オールオアナッシング)型クラウドファンディングは、期日までに目標金額が支援された場合にプロジェクトを実行できますが、目標金額を達成しなければプロジェクトが成立しない方式をさします。

支援する人がプラットフォームと呼ばれるサイトを通じて支援をしても、その時にお金が決済されるのではなく、期日に目標達成ができたときにお金を支払うことになります。目標達成できなければプロジェクトの支援金がゼロなので、提案者は目標達成に向けて商品やサービスがいかに魅力があるかを宣伝することが重要となります。

・All in型クラウドファンディング

さきほどのAll or Nothing 型とはちがってAll in(オールイン)型は、目標金額に達しなくてもプロジェクトが支援される方式です。支援者がプラットフォームなどのサイトを通じて支援を申し込んだときに決済がなされます。

こちらは目標金額に達成しなくても支援があるだけ資金を得ることができますが、そのプロジェクトをまかなうだけの金額がなくてもプロジェクトを実行しなければならないため、提案者が利益がでないというリスクもあります。

2.寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは、名前のとおり寄付という形で提案者を応援するしくみです。通常の寄付とちがう点は、寄付した後のプロジェクトのかたちが方向性がきちんとみえることです。支援者が寄付したお金何に、どんな風に使われたのかがはっきりと分かります。寄付型クラウドファンディングは寄付のあたらしいかたちといえそうです。提案者は、プロジェクトの進捗を報告したり、お礼をしたりすることもあります。

3.投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは融資型、ファンド型、投資型等と呼ばれています。ビジネスプロジェクトへ支援をすることで、売上の分配金受取など金銭的なリターンが得られます。支援者側は金銭的なリターンを得られることから、一種の金融商品ともいえます。

そしてプロジェクトがうまくいくかどうかによって支援者の収益は違ってきます。

クラウドファンディングのメリット・デメリット

クラウドファンディングのメリット・デメリット

プロジェクト提案者のメリット

クラウドファンディングは、スポンサーなど見つけにくい個人でも出資金を得やすいというメリットがあります。通常個人がプロジェクトの資金を集めるには信用問題などがあり、難しいことです。実績がない個人ともなると金融機関での融資も難しいでしょう。

しかしクラウドファンディングならプロジェクト次第で支援者の賛同があれば資金を調達できるので金融機関の融資よりも資金集めのハードルが低いといえるでしょう。

そのためこれまで資金不足が理由で進められなかったプロジェクトが、クラウドファンディングを利用することで実現に近づきます。

募集とともにプロジェクトを告知できる

クラウドファンディングのプラットフォームは多くの人が利用しています。クラウドファンディングでプロジェクトの告知をすれば、それ自体に宣伝効果があるでしょう。

支援する人はまずプロジェクトを確認してから支援するかどうか決めますからしっかりプロジェクトを確認してくれるメリットがあります。

興味本位でチェックしている人や、ほかのプロジェクトの提案者も同じプラットフォームのプロジェクトの確認をしますのでより多くの人にプロジェクトを目にしてもらえる機械が増えます。

事前のマーケティング調査ができる

クラウドファンディングでプロジェクトが目標に達するかどうかは、世間に受け入れられるものかどうかの目安にもなります。プロジェクトの実行前に資金集めをしながらマーケティング調査ができることになります。

クラウドファンディングですぐに支援者が集まればそれだけ必要とされているプロジェクトといえますので、事業や商品、サービスが成功するかどうかのバロメーターになります。

さまざまなリターン設定ができる

リターンは1つとは限らず、支援する金額によってリターンの種類を変えたり、現金以外のリターンを設定することもできたりするのがクラウドファンディングの魅力ともいえます。

資金を集めたいのでクラウドファンディングを行うわけですから、現金以外のリターン、

を設定できるのは魅力です。さらにさまざまな種類のリターンを用意することによって、1人の人が複数のリターンを選択することもあるのでたくさん支援者がいるようにも見えるメリットがあります。

プロジェクト提案者のデメリット

プロジェクトの中止は不可

クラウドファンディングでプロジェクトが目標を達成するとキャンセルができません。支援者から集めた目標金額があってもプロジェクトを進めることができなくなれば大きな問題となります。

失敗すれば労力だけがかかる

クラウドファンディングのプラットフォームサイトへの申し込み手続きや商品、プロジェクトの紹介文・動画作成などの作業はそれなりに時間がかかります。そのため、目標金額に達成せず失敗となれば、費やした時間や労力が無駄になってしまう可能性もあります。

ライバルにアイデアを真似される?

クラウドファンディングでは資金を集めるためにプロジェクトの商品やサービスの内容を充分告知する必要があります。知って欲しい支援者以外にも、ライバルにアイデアを知られてしまうこともあります。誰よりも先に思いついたアイデアでも期限までにライバルが実現してしまうと提案者のプロジェクトが後発のサービスや商品となってしまう恐れがあります。

準備には手間がかかる

クラウドファンディングはプラットフォームへの申請にさまざまな準備が必要でかなり手間がかかるものです。プロジェクトの起案・設計、必要経費の洗い出し、プラットフォームサイトの選定、申請処理、担当者との調整など多岐にわたる実務をこなさなければなりません。

加えてプロジェクトの告知のための文章やリターンの準備など申請後もかなりの手間がかかります。

手数料やリターンなどの経費

プラットフォームによって手数料が10%~20%ほどかかります。また、リターンによっては費用が必要であるため、最初の金額はそれらを含めた採算を考えた設定にしなければなりません。

支援者のメリット

少ない資金で投資ができる

クラウドファンディングでは少額から出資ができ、支援者にとっては気軽な投資が可能で大きなメリットです。

社会貢献できる

クラウドファンディングで個人や企業に支援することは社会貢献になります。本来は商品やサービスを購入、利用することも立派な社会貢献ですがクラウドファンディングのように深くプロジェクトを理解して応援する支援する気持ちというものはなかなか持ちにくいです。しかしクラウドファンディングで支援をすれば、プロジェクトの経過や結果に深く関わることができるので社会貢献しつつリターンも得られるというメリットがりあります。

節税できる

寄付型のクラウドファンディングに限りますが、寄付金控除の対象となります。寄付金控除によって所得税や住民税を減額できるため、誰かの役に立ちながら支援者は節税できるというメリットがあります。

寄付金控除の具体的な金額は、寄付金から2,000円を差し引いた金額が、翌年の税金から差し引かれます。たとえば、10,000円の支援をした場合は、8,000円が所得税から引かれます。

支援者側のデメリット

投資型の場合、元本割れのリスク

投資型の場合リターンが金銭である特性からリスクもあります。

投資型のクラウドファンディングは購入型や寄付型とちがって投資目的ですのでハイリスクハイリターンであることは覚悟しておきましょう。

詐欺的な被害にあうリスク

悪意のある起案者によるプロジェクト資金持ち逃げの可能性もゼロではありません。購入型や寄付型では、悪意がなくてもプロジェクトが途中でうまく立ち行かなくなって進捗の確認が難しい場合もあります。

支援の取り下げができない

起案がキャンセルできないのと同じように支援者側も基本的にキャンセルができません。

購入型のAll or Nothing型であれば、目標金額に達成しなければキャンセルとなりますが、達成すれば決済を取り消すことはできません。

まとめ

クラウドファンディングとは、インターネット上でプロジェクトの資金集めをする方法で、「購入型」「寄付型」「投資型」の3種類が存在しました。個人でも気軽に資金調達ができるメリットや商品やサービスを告知できるなど良い点もありますが、プロジェクトの取り下げができない、競合にアイデアをとられるなどのデメリットもあります。

メリットとデメリットをよく理解した上でかしこく利用しましょう。

このようにクラウドファンディングで斬新な企画や頑張っているプロジェクトを応援するのもたのしいですが、起案から期間を経てなかなか商品が出来上がらない、時間がかかるなとお思いの方におすすめできるもの、それがオリジナルデザインのグッズ製作です。

こんなデザインのグッズが欲しい!と思ったら、TIMX

自分だけのデザインで、Tシャツをはじめさまざまなグッズが作れてしまうのです。

デザインは無料のデザインエディタを使って簡単に作れます!たとえば今や一番の必需品であるマスクの他にスマホケースモバイルバッテリースマホリングキーホルダーコインケースマスキングテープなど・・・。

大量購入の場合はうれしい価格割引も。

オリジナルグッズのプリント、作成ならTMIXにお任せください!TMIX独自のデザインエディタを使えば、お好きな写真やイラスト、テキスト、スタンプなどを組み合わせて簡単にデザインができ、高品質なオリジナルグッズを1つから手軽に作ることができます。

TMIXのオリジナルグッズは、個人用はもちろん、販売品、ノベルティ等様々なシーンでご利用いただけます!

どこにもないオリジナルグッズをTMIXで作ってみませんか?

クラウドファンディングのメリット&デメリットとは?種類や仕組みを詳しく解説!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧