どこまでがOK? キャラクターTシャツを自作する時の主な注意点

どこまでがOK? キャラクターTシャツを自作する時の主な注意点

簡単にオリジナルグッズを製作できる時代。自作でキャラクターTシャツを製作する人も多いかと思います。そのとき公式絵を使ったり、SNSへの投稿を考えていたりしていませんか?それはちょっとストップ。もしかすると著作権侵害かもしれません。

目次

著作権・商標権って?

えんとつ町のプペル

この2つは、どちらも知的所有権ですね。オリジナルTシャツでキャラクターを使おうとするならば、しっかり理解する必要があります。

『著作権』は、著作者が自己の著作物の複製・翻訳・放送・上演などを独占する権利のことです。『商標権』は、商品またはサービスについて使用する商標に対して与えられる独占排他権となります。(その効力は同一の商標・指定商品等だけでなく、類似する範囲にも及びます。商標として保護されるのは、文字、図形、記号の他、立体的形状や音等も含まれます。)

『著作権』は、著作者が自己の著作物の複製・翻訳・放送・上演などを独占する権利のことです。具体例として、キングコングの西野亮廣さんが作った絵本『えんとつ町のプペル』をあげましょう。

主人公である『プペル』は、本来、西野亮廣さんによって作られたので著作権は彼にあると考えられます。(しかし、西野亮廣さんは、著作権がない方がいいという考え方で、「訴えることもしないので、皆さんご自由に使ってください」と、とても男前な発言をしています。)

『商標権』は、商品またはサービスについて使用する商標に対して与えられる独占排他権となります。具体例は、ミッキーやキティちゃん、ピカチュウ、マリオなどです。ディズニー、サンリオ、円谷プロ、任天堂は著作権や商標権に厳しいようです。

ある学校の卒業製作でプールの壁面に描いたミッキーのイラストについて、ディズニーから告訴され、絵の削除と損害賠償を求められたという話もあります。(その効力は同一の商標・指定商品等だけでなく、類似する範囲にも及びます。商標として保護されるのは、文字、図形、記号の他、立体的形状や音等も含まれます。)

『著作権』と『商標権』は似ているように感じる方も多いと思いますが、一言で言うと「商標登録をしているかどうか」が違うのです。どちらも、著作者を守るために存在する権利ですね。

どんなキャラクターにも著作権がある

描かれたキャラクターは著作物です。『著作権法』により、著作物が完成したら、著作者を守るための著作権が必ず発生します。著作権法はなんと「子どもの落書き」でも発生するので驚きですよね。

これを『無方式主義』といいます。審査や登録、認証手続き等の必要がないのです。(ただし、他の著作物の盗用や模倣をした事実がないことが条件です。実際には「子どもの落書き」は、他の著作物の模倣が多いですかね。)

キャラクターTシャツのセーフ事例とアウト事例

著作権

著作権を侵害することを『著作権侵害』と言います。では、どうなると、著作権侵害となってしまうのでしょうか。ここで、事例を一緒に見てみましょう。

①『個人製作かつ家庭内利用』はセーフ◎
これは、合法でセーフです。
著作権法では、「著作物は、個人的または家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用することを目的とするときは、使用する者が複製することができる」と定められています。

逆に言えば、著作者から利用許諾を受けていない場合には、これ以外は全てアウトです。つまり、「業者へ製作依頼するとアウト」「自宅で製作したものでも、家庭外で着用するとアウト」となります。

②『著作者が自分の場合』はセーフ◎
これは、合法でセーフです。当たり前ですね。
しかし、商標登録をしていないのに『®️マーク』を付けると、虚偽表示として刑罰の対象になりますので、知っておいてください。

③『著作者から利用許諾を受けている場合』はセーフ◎
こちらも合法でセーフです。
著作者に敬意を払って、目的を明確にすれば、利用許諾を受けることも可能です。

とはいえ、有名なキャラクターなどの場合は無償で許諾を得ることは難しく、思わぬ出費が発生することもあります。

④『パロディ、オマージュ』はアウト×
これは、違法でアウト事例です。
著作権法では、『改変』も認められていません。また、パロディやオマージュは著作物の品格を落としたり、著作者の意図しないメッセージが伝わりやすくなったりするので、訴えられるリスクがむしろ高くなるとも言えるでしょう。

まとめ

著作者は、キャラクターに愛着や想いを込めています。人生の大切な時間をかけて作り上げたでしょうし、著作者はそれで生活を成り立たせています。そのキャラクターを無断で使用され、それにより、著作者に関係のない人に利益をとられたり、そのキャラクターの品格を落とされたりしてはたまったものではありません。

上記のアウト事例に当てはまることを認識していなかったとしても、製作・使用することは著作権侵害として罰則の対象となってしまいます。「著作権法で認められた範囲内での製作・使用」もしくは、「権利者への利用許諾を得た上での製作・使用」をしましょう。

罰則は、損害賠償から懲役という厳しい刑罰まであります。
厳しいようですが、『著作権』『商標権』で権利者から訴えられた場合には、「知らなかった」では済まされないのです。

自分や、自分のTシャツ作りの製作を応援してくれる人(協力者、購入者)を守るためにも、著作権について正しい知識を身に付けてから、素敵なオリジナルTシャツを作ってくださいね。あなたの活動を心より応援しています。

どこまでがOK? キャラクターTシャツを自作する時の主な注意点に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧