漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

缶バッジ制作のポイントとおすすめの制作業者8選をご紹介!

缶バッジ制作のポイントとおすすめの制作業者8選をご紹介!

缶バッジは個人で収集を楽しんだり、企業のノベルティなどによく使われる人気のグッズです。大きさの大小や印刷の仕方、イラストなのか写真なのかによっても様々な缶バッジがありますが、オリジナルの缶バッジを制作する場合、どのようにしたらよいのでしょうか?今回は缶バッジ制作のポイントとおすすめの業者を見ていくことにしましょう。

目次

ところで「バッジ」ってなあに?

ところで「バッジ」ってなあに?

バッジは衣服の衿や胸部分に付けるもので、もともとはバッジを付ける者の階級や功績、職位、経歴などを表す図式化した徽章や記章のことを指します。バッジはbadgeと表記さる他、pinbackやbuttonとも記されます。

では、缶バッジとはどのようなものでしょうか?缶バッジはその素材としてアルミやスチール、ブリキといった金属類が使われており、中が空洞になっていることが特徴です。人によっては缶バッチと呼ぶ方もいらっしゃいますが、これは間違った呼び方であり、正式には缶バッジとなります。

缶バッジは初代のアメリカ大統領・ジョージワシントンが18世紀に、大統領就任式で付けていたと記録に残されていますが、19世紀後半、漫画のキャラクターをノベルティ用缶バッジとして使用したところ、一般的にも浸透していったとされています。

オリジナルの缶バッジを制作するにはどうしたらいいの?

自分だけのものやクラブチームなど、もしくは企業の販促グッズとしてオリジナルの缶バッジを制作する場合、どのように進めていけばよいのでしょうか。

オリジナルの缶バッジを制作する場合、作り方としては2通りあります。1つ目は自作で、自分だけのデザインの缶バッジを手軽に作ることができ、費用は材料費のみなので安価で抑えられることがメリットとして挙げられます。そして、2つ目は業者に依頼するという方法です。業者によっても強み弱み、特徴などがあるためよく調べる必要がありますが、おすすめする業者については後述することにして、まずは自作の流れやポイントについて見ていくことにしましょう。

自作缶バッジの材料や作り方とは?

自作缶バッジの材料や作り方とは?

自作で缶バッジを制作するにはまず、材料を購入しなければなりません。缶バッジを作る機械やキットは子供用おもちゃとしても販売されていますが、100円ショップなどで売られているくるみボタンキットを購入し、裏に安全ピンを取り付ければ、簡単に缶バッジはできてしまいます。

ではもっと具体的にオリジナル缶バッジを自作する方法を見ていきましょう。

まず、自分が作りたいイラストや写真を探したり、自分で印刷したいイラストを描いてみましょう。それを「伸縮するラベル」に印刷するのですが、この伸縮するラベルは自宅のプリンターでも印刷でき、伸縮性があるためオリジナル缶バッジ制作に適しています。大手文房具店やホームセンター、またネットショップなどで購入することができるので、ぜひ探してみてください。

次に印刷したイラストや写真を缶バッジに合わせて丸く切り取っていきます。くるみボタンキットであれば、型紙が付属されているので、その大きさに合わせて切るだけでOKです。

次にくるみボタンのベースとなる表面に伸縮するラベルを貼っていくのですが、ここでシワができてしまうと台無しです。コツは多少ラベルを引っ張るようにして貼るとシワができず、きれいに貼ることができます。そして、貼るときに余ったラベルを裏側に折り込み、打ち具に裏返しておくことがポイントです。あとはくるみボタンキットの打ち具に安全ピンをセットしてできあがりになります。

このように、自作でオリジナルの缶バッジを制作する場合、ラベルをシワにしないことと、金具が斜めにならないようまっすぐに固定し、ベースとなる表面にしっかりはめるようにすることがコツとなります。また、缶バッジの大きさに合うイラストや写真にすることも重要です。イラストや写真が大きすぎて缶バッジからはみ出してしまったり、逆に小さすぎて余白が出てしまってはデザインが残念なことになってしまいます。ここでもコツとしては、缶バッジ本体の大きさの約2まわり程度大きく印刷し、余計な部分はカットするようにするとよいでしょう。

自作のオリジナル缶バッジは1個だけであれば10分程度でできてしまい、材料も前述したように100円ショップで購入できるので、ごく少量のものを制作するのであれば、こうした自作がおすすめと言えます。

缶バッジ制作の業者選びのポイントとは?

缶バッジを制作する業者は複数あります。では、そうした業者を比較する場合、どんな点において注意すればよいでしょうか?

まずは最少ロットがどのくらいで制作可能かという点です。個人やクラブチームなどはもちろん、企業のノベルティでもそれほど大量に作る必要はないといった場合があります。気になる業者でも発注ロットが多くなければ制作できないところもあるため、注意するようにしましょう。

次に納期です。数日間でできる業者もあれば数週間かかってしまう業者もあります。早ければよく、遅ければダメといったことでもありませんが、自分や自社の希望する納期と合わず、その業者が対応できなければ発注自体できないので、この点にも注意するようにしましょう。最後のポイントは送料についてです。缶バッジ制作自体の見積もりが希望通りであっても、送料があとで加算されて予算通りにならなかったといったことはよくある話です。業者の所在地はどこで、自宅や自社に送られるときに送料はどのくらいかかるのか?またはどのくらいの量を制作すると送料が無料となるのかなども、事前にきちんと確認するようにしましょう。

オリジナル缶バッジ制作のおすすめ業者8選

では最後にオリジナルで缶バッジを制作する際のおすすめする業者8選を見ていくことにしましょう。

缶バッジの達人

缶バッジの達人

サイトURL:https://badgetatsujin.com/

納期は最短で3営業日であり、最少ロットは10個以上から制作ができます。また、税込10,800円以上の注文で本州・四国の送料は無料となります。

価格の目安ですが、安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は53円となります。

缶バッジ製作屋

缶バッジ製作屋

サイトURL:https://www.e-anfini.co.jp/canbadge/

納期は通常で10日から約2週間となりますが、急ぎの場合は応相談となっています。また最少ロットは100個以上となっており、税別3万円以上で全国どこでも無料です。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は53円となります。

UCANBADGE

UCANBADGE

サイトURL:https://www.u-canbadge.com/

納期は最短で発注の翌営業日出荷となっており、最少ロットは10個以上からの制作が可能です。また、発注300個以上で全国どこでも送料が無料となります。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は53円となります。

缶バッジファクトリー

缶バッジファクトリー

サイトURL:https://www.canbadge-factory.jp/

通常納期は10日から約2週間ですが、応相談で短納期も可能となっています。また、最少ロットは100個以上の制作から可能で、3万円以上発注の場合、全国どこでも送料が無料となります。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は53円となります。

ZEAMI Art

ZEAMI Art

サイトURL:https://www.zeamiart.com/

納期は最短で2営業日後に出荷となり、最少ロットは30個以上の制作から可能です。また、送料は15,000円以上発注の場合、1000円分の送料が値引きとなります。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は69円となります。

缶タロウ

缶タロウ

サイトURL:https://www.can-taro.com/

納期は通常4日から7営業日の出荷となります。最少ロットは1個からの制作が可能ですが、税込32,400円以上の発注がないと送料無料にはなりません。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は180円となります。

オリジナルプリント.jp

オリジナルプリント.jp

サイトURL:https://originalprint.jp/

納期は最短で3営業日の出荷となります。最少ロットは10個以上の制作から可能です。また、送料は6,480円以上の発注で全国どこでも無料となっています。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は70円となります。

チットプラス

チットプラス

サイトURL:https://www.cittoplus-wear.com/

納期は発注者側との打ち合わせによって決まり、最少ロットは1個以上からの制作から可能となっています。しかし、送料無料サービスはありません。価格は安全ピン使用32mm缶バッジを100個制作した場合、単価は181円となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまで見てきたように、オリジナル缶バッジの制作は自作か業者制作かを決め、進めていくようにしましょう。

TMIXでは、これまでご紹介してきた業者と同様、Tシャツを中心に缶バッジなどのオリジナルグッズを制作することができます。缶バッジ制作は10個以上からの制作が可能で、発注数量に応じて割引率も上がっていき、100個以上の制作の場合、最大割引率50%が適用となります。またTMIXはオリジナルグッズを制作する際のデザインエディタの利用満足度が高い点が特長です。さらに、各グッズのデザインテンプレートも充実しているので、初めてオリジナルグッズを作る方でも簡単にできてしまいます。さらに、通常3日程度といった納品スピードも多くの方々に支持されている理由ですので、お気軽にご利用ください。

TMIXでオリジナル缶バッジを作ってみる

缶バッジ制作のポイントとおすすめの制作業者8選をご紹介!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧