初めてでもでもできる!アパレルブランド立ち上げの流れ

初めてでもでもできる!アパレルブランド立ち上げの流れ

「新しいアパレルブランドを立ち上げてみたい!」「ファッションが好きで自分のアパレルブランドで洋服を販売してみたい!」など考えている方は多いかと思います。

ただ、初めてなのでどうやってアパレルブランドを立ち上げたら良いのか、方法が分からず悩んでしまわれている方や諦めてしまっている方もいらっしゃると思います。

この記事では、新しくアパレルブランドを立ち上げる際の流れから、アパレルの専門知識・経験の必要性、ブランドを立ち上げるメリット・デメリットを解説していきます。

【目次】

アパレルブランドを立ち上げるまでの流れ

アパレルブランドを立ち上げるための流れ

まず最初にアパレルブランドを立ち上げる際の流れを、順を追って解説していきます。

1.ブランドコンセプト、ブランドネーム、ロゴを決める

まず、アパレルブランドを立ち上げる際に最初に行うことは「ブランドコンセプト」を決めることです。ターゲットはどこにするのか、その時の流行やターゲットに合った商品やデザインは何なのか、ブランドとしてどのような商品を作っていきたいかを総合的に考えながらコンセプトを決めていきましょう。

ブランドコンセプトが決まればそれに合わせた「ブランドネーム」と「ロゴ」を決めていきます。

ブランドネームとロゴはコンセプトに合わせて決めるのが良いです。それはブランドネームを通じてどんなコンセプトなのかを伝わりやすくするためです。

注意しなければいけないのが、商標登録がされていないかです。

せっかく考えたブランドネームやロゴで商標登録が既にされてしまっている場合、法的なトラブルになるため、そのブランドネームやロゴを使うことができません。

逆を言ってしまえば新しく立ち上げたブランドを商標登録すれば、他の方が使うことができなくなります。

下記サイトから既に商標登録がされていないか確認することができます。

特許情報プラットフォーム:https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

2.資金の準備

アパレルブランドの立ち上げには上記にも書いた通り、商品を作るときや販売する場所を用意するとき、販促費などの様々な場面でお金がかかります。そのための、資金の準備が必要です。

ご自身で貯めたお金、クラウドファンディング、助成金や補助金などを活用して必要な資金を準備しましょう。

3.商品のデザインを決める

次に販売する商品のデザインを決めていきます。洋服やアクセサリーなどコンセプトで決めたブランドのイメージに合った商品デザインを作っていきましょう。

デザインはご自身で行うこともあれば、アパレルデザインが得意な方に依頼するパターンもあります。依頼する場合は、デザイン費用が別でかかってきます。

4.商品の製造

3で作ったデザインを元にして商品を実際に作っていきます。手作りでない場合はse蔵してくれる工場に依頼します。商品カテゴリとデザインを入稿すれば作成してくれるサイトがいくつかありますので、製造価格を見ながら利用してみましょう。

アパレルブランドを立ち上げた最初は、少量からの製造にすることを勧めます。大量に作ってしまうと在庫リスクを抱えてしまうからです。最小ロット数が1点から作成できるというサイトもありますので活用してみてください。

正しい洗濯表示とブランドタグも忘れないようにしてください。

特に洗濯表示の部分は「家庭用品品質表示法」という規定があります。下記が消費者庁のサイト「家庭用品品質表示法」についてになります。

規定に沿った表示を必ずするようにしてください。

消費者庁 家庭用品品質表示法について

https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/

5.売る場所を決めて販売開始

売る場所とは店舗やECサイトなどを指します。

最近では実店舗をもたずに、インターネット上のみで販売をするところが増えてきています。ECサイトであれば、サイトの制作費用はかかりますが、実店舗での販売に比べると毎月の家賃などがないので費用が少なく済みます。

また、立ち上げたばかりのブランドで商品数もそこまで多くない場合は、Amazonや楽天、Yahooショッピングなどのモールへの出店もおすすめです。販売手数料はかかりますが、有名なモールであれば元々集客力があるので、早い段階で売上につながることがあります。

商品やターゲット、競合他社はどうしているかなどを十分考えた上で、販売する場所を決めてみましょう。

6.プロモーション

せっかく立ち上げたブランドも商品やブランドを様々な方に知ってもらわなければ買ってくれるお客様がいません。そのために、プロモーションは不可欠です。

最近ではインターネットの発達、スマートフォンの普及でSNSを活用したプロモーションが主流になってきています。SNSでも各メディアによって特徴が異なります。複数のSNSを使うのも一つなので、売りたい商品とターゲットを考えた上でプロモーションに利用するメディアを選定しましょう!

 

弊社TMIXではブランドの立ち上げ支援を行っております。ぜひ、お問い合わせください!

ブランド立ち上げ支援についてのお問合せはこちら

アパレルブランドの立ち上げに知識や経験は必要なのか

アパレルブランドの立ち上げに知識や経験は必要なのか?

新しくアパレルブランドを立ち上げるのに、アパレルの知識や経験は必要なのでしょうか?他にも何か必要な知識はあるのでしょうか?

ファッションや洋服が好きで、デザインも好きなのに、この部分でブランド立ち上げを諦めてしまっている方は多いかと思います。

ここではアパレルブランドを立ち上げる際の知識や経験の必要性を解説していきます。

アパレルの知識や未経験でもブランドを立ち上げられます

アパレル業界での経験や知識を活かして、ブランドを立ち上げるパターンは多いです。

しかし、全くの未経験で知識がなくても諦める必要はありません。

アパレルに関する知識や業界未経験からでも、アパレルブランドを立ち上げるパターンはあります。

アパレルデザインや繊維素材などのアパレルについての専門知識を独学で習得し、土台であるブランドコンセプトをしっかりもっており、ニーズに合った商品を作ることができれば立ち上げは可能です。SNSなどを活用すれば認知度も上げられ、ファンの獲得もできます。そこに売上もついてきます。

しかし、安定した利益を得るためには、継続的にニーズに合った商品開発、リスク回避や数字の管理、販売戦略など経営に必要な知識は身につける必要はあるでしょう。ブランド立ち上げの前に習得しておくと良いです。

ただ、経営の知識を習得するのは中々難しいものです。周りにマネジメントができる方がいれば、一緒にブランド立ち上げに携わってもらうのも一つの方法です。

 

弊社TMIXではブランドの立ち上げ支援を行っております。ぜひ、お問い合わせください!

ブランド立ち上げ支援についてのお問合せはこちら

アパレルブランドを立ち上げるメリット

ブランド立ち上げのメリット

自分のオリジナルブランドとして商品を作って販売できる

一番のメリットはオリジナルブランドを様々な商品として販売できることです。もちろん新しくブランドを立ち上げるので、まだ世の中にないブランド商品を販売することになります。そのため、1からのスタートで大変なことも多いですがヒット商品を生むことができればやりがいは大きいでしょう。

アパレルブランド立ち上げのスキルが身につく

アパレルブランドを新しく立ち上げれば、そのブランドとしてのコンセプト設計から、商品開発・製造・プロモーション・販売まで全て一貫して携わることになります。

初めて経験する方は、苦労や失敗する場面は多々あるかと思います。

しかし、この経験はご自身のスキルとして身につけることができるので大きなメリットになります。

また、更に新しいブランドを立ち上げることも経験を生かしてできるようになります。

アパレルブランドを立ち上げるのに資格は必要なし!

アパレルブランドを立ち上げるのには、何かしらの資格が必要だと思っていませんか?

新品の衣料品を販売するのに資格は一切必要ありません。

※中古品は古物商許可証が必要になります。

そのため、商品と売る場所さえあればすぐに販売をスタートすることができます。

結果として目に見えたときのやりがい

1から考案したブランドが、SNSやファッション雑誌などに紹介されたり、ファンが増えたりして世の中へ立ち上げたブランドの認知度が高くなったときです。例えば、ECサイトへの訪問者数や店舗へ足を運んでくれるお客様が増えたなど結果が目に見えたときです。

また、実際の売上として利益がでてくると収入も増えるので更にやりがいが大きく感じられます。

アパレルブランドを立ち上げるデメリット

ブランド立ち上げのデメリット

「労力」「お金」「時間」がかかる

新しいアパレルブランドの立ち上げにはもちろんお金がかかります。

商品を作るとき、販売する場所を用意するとき(ECサイトであればサイトの制作費用など)、販促費用など様々な場面でお金がかかります。

また、新しいブランドを立ち上げれば、すぐに売上につながることは殆どありません。

誰でも知っている企業からの新しいブランドとして、という形であれば企業自体の認知度が高いので比較的早い段階での認知度の拡大・売上がでてきますが、そうでない場合は中々難しいです。

ブランドのコンセプト設計から消費者ニーズに合わせた商品作り、商品の製造、どうやって販売するか(店舗やECサイトなど)、どうやって認知度を上げるか、ファンを獲得するかなどやることが非常に多いです。

そのため、労力と時間がかかります。

まずは、何からやっていかなければいけないのかをリスト化し、一つずつ進めていくのがブランド立ち上げへの近道です。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事ではアパレルブランドの立ち上げの流れについて解説してきました。

新しくアパレルブランドを立ち上げるまでには様々な苦労があるかと思います。しかし、上手くいったときのやりがいはとても大きいです。

地道に根気よくやっていけば、初めての方でもアパレルブランドを立ち上げられます。この記事を参考にしていただき、ぜひアパレルブランドを立ち上げてみてください!

 

弊社TMIXではブランドの立ち上げ支援を行っております。ぜひ、お問い合わせください!

ブランド立ち上げ支援についてのお問合せはこちら

 

初心者向けアパレルブランド立ち上げについてよくある質問

アパレルブランドを安く立ち上げるにはどうしたら良いですか?立ち上げ費用はいくらですか?

弊社のオンデマンド生産であれば、初期費用を0円に抑えてアパレルブランドを立ち上げることも可能です。例えば、現在すでに弊社で取扱のあるアイテムに、お客様のデザインを載せて販売する形であれば、オリジナルラボマーケットをご利用いただければ、お客様はデザインをご用意いただくだけで生産〜発送まで全て弊社で対応します。また、一定規模以上のインフルエンサーの方やYouTuberの方であれば、どのような商品を販売したいのか、どのようなデザインで作成されたいのかご相談いただけましたら、その商品を探し、オリジナルデザインで作成から販売まで無償でサポートすることも、Webサイト用意のサポートも可能です。まずはブランド立ち上げのイメージ、ご要望をお問い合わせください。

アパレルブランド立ち上げの許可取得や申請事項はありますか?

基本的に許可の取得は不要で、どなたでもすぐに販売が開始できます。

デザインの作成もお願いできますか?

お客様のSNSのフォロワー数等によってはデザインのご提案まで行う場合があります。まずはご相談いただければと思います。

最初に何を売るのが良いでしょうか?

最も売上をあげやすい商品がTシャツですので、最初の商品はTシャツをお勧めします。また、秋冬〜春に販売される場合はパーカーも人気の商品ですのでお勧めです。いずれも弊社で100種類以上の取扱があります。


「初めてでもでもできる!アパレルブランド立ち上げの流れ」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧