【初心者必見】アパレルブランド立ち上げでよくある失敗とは

【初心者必見】アパレルブランド立ち上げでよくある失敗とは

初めてアパレルブランドを立ち上げてみたものの、中々売れない、認知度も上がらないなど結果が出てこなく困ってはいないでしょうか?

また、ファッションが好きで、初めて自分のブランドをこれから立ち上げてみたいと考えている方もいると思います。

今はインターネットの普及により店舗を持たずにネット上だけで手軽にアパレルブランドを立ち上げることができる時代です。

そのため、アパレル業界は競争も激しく、長く続けられずに挫折、撤退してしまう方も多いです。

そこで今回の記事では、アパレルブランドの立ち上げで初心者によくある失敗とその原因について解説していきたいと思います。

既にアパレルブランドを立ち上げた方も、これから立ち上げる方も知っておけば、必ず役に立つと思います。

【目次】

失敗する原因① 憧れや趣味からブランドを立ち上げた

憧れや趣味からブランドを立ち上げた

憧れからのアパレルブランドの立ち上げ

ファッションが好きな方は様々なデザインをみて、「この服やブランドのデザインがかっこいい」や「自分もこういうデザインの服を作ってみたい」など憧れをもったことが少なからずあると思います。

また、「憧れ」がきっかけで初めてアパレルブランドを立ち上げた方もいると思います。そういった思考をもつことはとても良いことだと思います。

ただ、新しくアパレルブランドを立ち上げても、このままの思考では続けていません。その憧れが商品作りにでてしまい、似たデザインのものができてしまうと法的な部分にも関わってきますし、お客様が買いたいと思う商品作り、デザインができなくなってしまいます。

憧れの思考だけでなく、そうなるなめの努力はもちろん、顧客ニーズや市場を捉えて実際に売上として結果を出すことがとても重要なことだからです。

趣味からのアパレルブランドの立ち上げ

趣味で洋服をデザインして作っていたり、アクセサリーを作っていたりしていた方が、自分のブランドとして立ち上げた方もいらっしゃると思います。

その失敗の原因が、自分の趣味で制作したものが、お客様にとって本当に買いたいと思ってもらえる商品なのか?というところです。

周りの友人や知人、SNSなどで繋がりがある方には賛同を得られることはあるかと思います。ただ、これだと一定のところまでしか買ってくれる人がいなくなってしまいます。

顧客ニーズを捉えて、それに応える商品作りを行っていくことが大事です。「憧れから」にも書きましたが、新しいアパレルブランドとして立ち上げたなら売上として結果を出すということが重要です。

失敗する原因② デザインが他社のアパレルブランド商品と似ている

デザインが他社のアパレルブランド商品と似ている

新しくブランドを立ち上げて、商品を作ったが、デザインが他のアパレルブランドと似てしまっているケースです。

一つ有名ブランドのボックスロゴが模倣して作られた例をだしてみましょう。

デザインが似ているといっても、アパレルブランドのデザインからではなく、全く別のデザインからアパレルのデザインへ落とし込んだものがあります。

有名な話しだと「シュプリーム」という赤いボックスロゴデザインで有名なブランドがあります。これは、とあるアパレル以外のデザインを模倣して作られたボックスロゴデザインだということです。

引用元:Wikipedia シュプリームロゴ

引用元:Wikipedia

Wikipediaには以下のことが書かれています。

シュプリーム(英語: Supreme)は、アメリカ合衆国のスケートボードショップおよびファッションブランド。ニューヨーク・シティにて1994年に創業し[6]、スケートボード文化やヒップホップに影響を受けたアイテムで知られる。アメリカ国内ではブルックリン、ロサンゼルスにも店舗を展開している。

ブランドのトレードマークである赤地にFutura字体の白い文字というボックスロゴは、アメリカの現代アーティストバーバラ・クルーガーの作品よりインスパイアされたものである。

引用元:Wikipedia

上記に書かれている通り、「アメリカの現代アーティスト バーバラ・クルーガーの作品よりインスパイアされた」ボックスロゴであるということです。完全なオリジナルではなく、言ってしまえば模倣ですよね。

シュプリームが今もなお人気があるのは、他社のアパレルデザインを模倣したのではなく、全く別のジャンルから模倣したというのが大きいかと思います。

新しくアパレルブランドを立ち上げたときに、他社のアパレルブランドのデザインから流用して商品デザインを作っていないでしょうか?

最悪、相手のブランドから訴えられる可能性もありますので注意が必要です。

せっかく新しく立ち上げたブランドが台無しとなってしまいます。

 

しかし、よく考えてみてください。

新しく立ち上げたばかりのブランドでシュプリームのデザインを模倣した商品と、シュプリームの商品で同じ価格だったら、皆さんはどっちを購入するでしょうか?

言うまでもなく、シュプリームの商品を購入するでしょう。

これがデザインでよくある失敗です。自分だけがかっこいい、かわいいと思う商品をデザインするのではなく、お客様が望んでいるオリジナルデザインの商品を作ることが大切です。

 

弊社TMIXではブランドの立ち上げ支援を行っております。ぜひ、お問い合わせください!

ブランド立ち上げ支援についてのお問合せはこちら

失敗する原因③ お客様のニーズを捉えられていない

お客様のニーズを捉えられていない

「失敗する原因①・②」にも似てくる内容ですが、アパレルブランドを立ち上げたばかりの初心者でよくあるのがお客様のニーズを全く捉えられていない、捉えようとしないケースです。

上記にも書きましたが、アパレルブランドを立ち上げた自分自身が良いと思ったものを作り続けてしまうと失敗に陥ります。それは、お客様からの支持を受けられないからです。

友達や知人のみに販売するのであれば通用しますが、それはあくまで趣味の範囲です。

アパレルブランドとして立ち上げたのなら、ファンを獲得し、購入していただける顧客を増やし、利益を増やしていくことが目的のはずです。これを忘れてしまうと失敗に陥ります。

お客様のニーズを捉え続けるのは容易なことではありません。毎日アンテナを張る必要があります。

新しく立ち上げたブランドのターゲットはどこなのか?をコンセプト設計した際の内容を改めて思い返し、そのターゲットは今どのようなデザインの洋服やアクセサリーを好んでいるのか、今の流行りは何なのかなど常にアンテナを張って見ておく必要があります。

競合他社のブランドがどういった商品を展開しているのかも調査しておくとよいです。大手であれば、顧客ニーズを捉えるための分析する専門部署もあります。そこからヒントを得るのも一つのニーズを捉える方法です。

あくまでヒントなので、商品デザインの模倣など法に触れることはしないように気をつけてください。

購入していただいたお客様からの声を聞くのも重要です。いわゆる口コミです。

お客様の生の声はとても貴重です。それを捉えて次の商品開発や品質改善に活かすことができます。アパレル業界での顧客ニーズの移り変わりは激しいです。売るために、その時のニーズに合った商品を作っていくようにしましょう。

失敗する原因④ 商品の種類が多い

商品の種類が多い

アパレルブランドを立ち上げた際に、これも初心者によくあるのが、様々な種類の商品を作ってしまうことです。

様々な種類とはアパレルブランドでいうと、パーカーやTシャツ、ポロシャツやワンピース、スウェット、アウターなどのカテゴリのことを指します。

せっかくアパレルブランドを立ち上げたからには色々な商品を作っていきたいですよね。でも、安定した売上が見込めるまでは我慢です。

それは何故か。

商品の種類が多いと、カテゴリによって原価が違うためコスト計算が複雑になるのと、原価が高くなるケースがほとんどです。

上記に挙げたパーカー・Tシャツ・ポロシャツ・ワンピース・スウェット・アウターをそれぞれ20枚ずつ生産するよりもTシャツを120枚生産したほうが1枚あたりのコストは安くなります。

特に立ち上げたばかりのブランドであればコストはできる限り抑えたいはずです。

最初は1つのカテゴリからスタートし、軌道に乗ってきたら種類を増やしていく、またはそのまま1つのカテゴリに特化したブランドとして進めるのも良いと思います。

 

弊社TMIXではブランドの立ち上げ支援を行っております。ぜひ、お問い合わせください!

ブランド立ち上げ支援についてのお問合せはこちら

失敗する原因⑤ 集客ができない

集客ができない

新しくブランド立ち上げて、ネットショップも作りいざ開業したはいいけどお客さんが全然こない・・・。こういった悩みを抱えていませんか?

まだこれからアパレルブランドを立ち上げる方も、集客の部分で悩まれることが出てくるかと思います。

新しくアパレルブランドを立ち上げて失敗する方は、洋服などの商品作りやデザインに没頭してしまうケースが多いです。もちろん、商品を作り上げていくことも大切です。

失敗する要因で、この販売する場所の優先順位を商品作りの後に考えればいいと思っている方が多いです。

立ち上げたばかりのブランドでは販売する場所とそこでどうやって売っていくかを先に作っていくことの方が実は重要なのです。

集客は商品を購入していただく以前の問題になります。

良い商品がいくらあったとしても、お客様の目にとまらなければ1円にもなりません。

売上として結果が出てこないので初心者の方はすぐに断念、挫折してしまうこともあります。

ここでは、現在主流となっているネットショップ(ECサイト)の集客に焦点をおいて解説していきたいと思います。

ネットショップの解析をしていない

いざ、ネットショップを開設したはいいけど、そもそもお客さんがどれくらい来ているのかまったく分かっていないということはないでしょうか?

サイトへの訪問者数はもちろんのこと、直帰率や滞在時間、どのページから売れたのかなどのデータが分からないと、売れるためのサイトの改善やこのあとに説明する「SEO」の対策もできません。

Googleが提供している無料の解析サービスがあります。サイトを立ち上げる時に必ず入れておきましょう。

 

Googleアナリティクス公式サイト

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

そのネットショップ、SEOを考慮していますか?

サイトの運営に携わったことがある方はご存知かと思いますが、SEOは集客において立ち上げたばかりのアパレルブランドでは特に重要なものになります。

「SEO」とは分かりやすく言ってしまうとGoogleやYahooなどで検索した際に、狙ったキーワードで上位に自分のサイトを表示させるといったものです。

立ち上げたばかりのアパレルブランドで何故重要になってくるかというと、ブランド自体に知名度がないためです。

有名ブランドであればそのブランド名で検索をしてくれますが、無名であれば身内でない限り検索されることはまずありません。

サイトの内容と売りたい商品に合わせた「キーワード」をまず探し、SEO対策をするようにしましょう。

ネットショップの特性を理解しておきましょう

ネットショップの特性として、サイトを開設してもすぐには売れないということです。

初心者の方にあるのが、サイトの見た目も綺麗で、商品もしっかり揃えれば売れると思っていることです。

立ち上げたばかりの新しいサイトはドメインの力も弱いため、SEO対策を行っても上位表示させるのに(狙うキーワードにもよりますが)数ヶ月かかるケースがほとんどです。

広告を使うといった方法もありますが、ある程度の資金力がないとできません。

立ち上げたばかりのアパレルブランドであれば、できる限り費用は抑えたいはずです。

そういったネットショップならではの特徴を知らず、すぐに売れないからといって撤退してしまう方もいます。

ネットショップならではの特徴をきちんと理解しておく必要があります。

SNSは必ず活用しましょう

上記のネットショップの特徴からまず「SEO」の結果が得られるのに時間がかかるのとそれに付随して実際に売れるまでには時間がかかることはご理解いただいたかと思います。

しかし、その間に集客できる方法があります。それはSNSを使った集客です。

TwitterやInstagram、Pinterestなど様々なSNSがあります。

SNSはアカウントさえあればすぐに始められます。立ち上げたブランドの特徴や商品のアピールすることも、商品を探しているユーザーへダイレクトにコミュニケーションをとることもできます。

SNSは必ず活用しましょう!

かなり地道な作業になりますが、コツコツ積み重ねていけばファンが増え、少しずつ売上も出てくる可能性もあります。

しかも、SNSの運用に費用はかかりません。初心者の方は特にSEOと同時にSNSの運用も忘れないように必ずやっていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、アパレルブランドを立ち上げた際に初心者によくある失敗と原因、その対策方法について解説してきました。

成功までの道のりは遠いかもしれません。しかし、せっかくブランドを立ち上げたからには成功させたいものですよね!地道に努力していけば成功できるとおもいます。

アパレルブランドをこれから立ち上げる方、既に立ち上げた方もこの記事を参考にしていただけると筆者としても嬉しいです。

 

弊社TMIXではブランドの立ち上げ支援を行っております。ぜひ、お問い合わせください!

ブランド立ち上げ支援についてのお問合せはこちら

初心者向けアパレルブランド立ち上げについてよくある質問

アパレルブランドを安く立ち上げるにはどうしたら良いですか?立ち上げ費用はいくらですか?

弊社のオンデマンド生産であれば、初期費用を0円に抑えてアパレルブランドを立ち上げることも可能です。例えば、現在すでに弊社で取扱のあるアイテムに、お客様のデザインを載せて販売する形であれば、オリジナルラボマーケットをご利用いただければ、お客様はデザインをご用意いただくだけで生産〜発送まで全て弊社で対応します。また、一定規模以上のインフルエンサーの方やYouTuberの方であれば、どのような商品を販売したいのか、どのようなデザインで作成されたいのかご相談いただけましたら、その商品を探し、オリジナルデザインで作成から販売まで無償でサポートすることも、Webサイト用意のサポートも可能です。まずはブランド立ち上げのイメージ、ご要望をお問い合わせください。

アパレルブランド立ち上げの許可取得や申請事項はありますか?

基本的に許可の取得は不要で、どなたでもすぐに販売が開始できます。

デザインの作成もお願いできますか?

お客様のSNSのフォロワー数等によってはデザインのご提案まで行う場合があります。まずはご相談いただければと思います。

最初に何を売るのが良いでしょうか?

最も売上をあげやすい商品がTシャツですので、最初の商品はTシャツをお勧めします。また、秋冬〜春に販売される場合はパーカーも人気の商品ですのでお勧めです。いずれも弊社で100種類以上の取扱があります。


「【初心者必見】アパレルブランド立ち上げでよくある失敗とは」に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧