エプロンを作るならオーダーメイド!おすすめの業者はどこ?

エプロンを作るならオーダーメイド!おすすめの業者はどこ?

エプロンは企業などで制服として使われていることが多いです。

これから新規でエプロンを制服として導入するのであれば、業者に発注することになるでしょう。

デザインが決まっている既製品のエプロンもいいですが、制服として使うならオーダーメイドで作るのがおすすめです。

ここでは、オーダーメイドのエプロンについて説明し、おすすめの業者を紹介していきます。

目次

制服のエプロンはオーダーメイドで作ろう

オーダーメイドのエプロンは、既製品のエプロンと比べて値段が高めです。

コストを安く抑えるために、既製品でいいと思っている人もいるかもしれません。

しかし、多少コストがかかってもオーダーメイドで作ることをおすすめします。

ではその理由について見ていきましょう。

従業員のモチベーションがアップ

オーダーメイドで制服のエプロンを作るなら、店名や企業名などをプリントするでしょう。

従業員全員が同じデザインのエプロンを着用することで、一体感や連帯感が強まります。

店名や企業名がプリントされていれば、所属意識も高まるでしょう。

その結果、生産性の向上やモチベーションアップにつながりやすいです。

宣伝効果にも期待

店舗などでお客さんと接する場合には、お客さん従業員が着ているエプロンを目にするでしょう。

どこにでもある無地のエプロンを着ているよりは、店名が入っているエプロンを着ている方がイメージアップにつながりやすいです。

お店をイメージしたマークや絵柄などをプリントしたデザインなら、宣伝効果も期待できるでしょう。

まとめて大量に注文すれば安くなることも

オーダーメイドのエプロンはコストがネックになりますが、まとめて注文すると割引になる業者も多いです。

注文数が少ないと確かに高く感じられるかもしれませんが、大量に注文する場合には、意外と安く済むかもしれません。

注文数によっては、通常料金の半額になるところもあります。

オーダーメイドでエプロンを作れるおすすめの業者7選

オーダーメイドでエプロン作ってもらえる業者を7つピックアップしてみました。

それぞれの業者の特徴を説明していくので、参考にしてみてください。

エプロン屋.com

出典元:epuronya.com

布製品のオーダーメイド製作を行っている業者です。

エプロンの他にもイベント用のはっぴやトートバッグ、手ぬぐいなどのオーダーメイド製作に対応しています。

店舗などで従業員が着用するエプロンやイベントなどで使用するエプロンを作る際に、企業を中心に利用者が多いです。

また、個人での利用も受け付けています。

布製品は海外で製造活動をしている企業が多い中で、エプロン屋.comは国内で製造にこだりを持っているのが特徴です。

注文の際にはサンプル品を製作してもらい試着などもできます。

品質重視でオーダーメイドエプロンを作りたい場合におすすめの業者です。

JETCHOP

出典元:jetchop.co.jp

JETCHOPは最短3日で納品できることを謳っているオリジナルエプロン製作業者です。

素材やデザインの選択肢が豊富で、シンプル胸当てタイプのエプロンからソムリエが使うエプロンや居酒屋で使っているエプロンまで作れます。

オリジナルの絵柄をプリントできるので、お店の名前やロゴなどをプリントすると見栄え良く仕上がるでしょう。

プリントだけでなく刺繍にも対応しており、従業員の名前を入れてネーム代わりにすることも可能です。

機能性を重視したエプロンや、日本製のエプロンなどもあります。

エプロンの森

出典元:apron-mori.com

オーダーメイドのエプロンは、決まったデザインのエプロンをカスタマイズじて作るものが多いでしょう。

好きな絵柄をプリントしたり、刺繍を入れたりするサービスを提供している業者がほとんどです。

エプロンの森は、完全オーダーメイドのエプロンも製作できます。

型紙を作るところからオーダーメイドなので、絵柄や模様だけでなく、エプロンの形のデザインまで既製品にはないものを製作可能です。

この完全オーダーメイドのエプロンは30枚以上から作れます。

小規模の店舗などの場合には、利用が難しいかもしれません。

その場合には、5枚から対応可能なプチオーダーや10枚からタイプ可能なイージーオーダーなどを利用するといいでしょう。

プチオーダーは、ポケットやペン差しなどを追加できるサービスです。

イージーオーダーは形状のデザインや生地の種類を選べます。

また、他の業者と同様に絵柄プリントのみのサービスも行っています。

フルカラープリントなら6枚から注文可能です。

刺繍の名入れなら1枚から対応してもらえます。

写真ギフト

出典元:shashingift.jp

オーダーメイドエプロンの中でも、デザイン性と品質を重視している業者です。

スマホやデジカメなどで撮影した写真を、エプロンの全面にプリントできます。

既製品のエプロンにプリントするのではなく、注文を受けてからエプロンそのものを縫製して作るというスタンスです。

生地の品質にもこだわっており、洗濯をしても色落ちや型崩れなどはほとんどありません。

難燃性のある生地を使用しているため、料理をするときに使うのに最適です。

また、製造作業はイギリスのロンドンで行っています。

デザインは、専用のエディタを使って自由に制作可能です。

ただ、制服としてエプロンを注文したい場合には、あまり向かないかもしれません。

値段も高めで、どちらかと言えば自宅用やプレゼント用に向いています。

ユニフォームタウン

出典元:l-m.co.jp

その名の通りユニフォームの専門店を謳っている業者です。

無地のエプロンを数多く取り揃えており、プリントをしたり刺繍を入れたりできます。

エプロンはカラーが豊富で、安価で簡素な作りのものから、機能性を重視したエプロンまで種類が豊富です。

介護向けのエプロンや屋外作業向けのエプロンもあるので、さまざまな業種で利用できるでしょう。

エレグランス リュクス

出典元:elegrance-luxe.com

業務用でオシャレなデザインのオーダーメイドエプロンを作れる業者です。

主にエステやサロンなどの制服として使用するエプロンを作るのにちょうどいいでしょう。

オシャレさや高級感を売りにしている飲食店にもおすすめです。

制作事例として保育園の制服などもあります。

ただし、フルオーダーの場合には50枚以上からの注文で、納品まで3ヶ月程度かかるようです。

セミオーダーもあるので、小さな店舗ではそちらを利用するのがいいかもしれません。

TMIX

TMIXでは衣類やタオルなどに好きな絵柄をプリントできるサービスを提供しています。

その中にエプロンもあるので、オーダーメイドでエプロンを作りたい場合には、ぜひ利用を検討してみてください。

5種類の形状のエプロンを用意しており、カラーも豊富です。

プリントするデザインは、専用のエディタを使って自分で一から作ることも、素材を提供して作ってもらうこともできます。

既に作ってあるデザインをプリントしてもらうのも可能です。

プレゼント用やイベント用から、制服用まで幅広い用途に対応できます。

制服用としてのエプロンなら、まとまった枚数で注文することになるでしょう。

10枚以上の注文ならドンドン割を利用できるのでお得です。

枚数が多ければ割引率も段階的に高くなり、100枚以上なら半額になります。

制服として使うエプロンを注文する企業にとっては嬉しい割引制度です。

まとめ

制服のエプロンを作るなら、他社との差別化を図る意味でも、オーダーメイドのエプロンがおすすめです。

その職場にピッタリのエプロンを作れて、従業員のモチベーションも高まるでしょう。

そして、オーダーメイドのエプロンを作れる業者の中でも、「TMIX」が特におすすめです。

店名やロゴなどを入れたオリジナルのエプロンを作りたい場合には、ぜひTMIXのサービスを利用してみてください。

オリジナルエプロンを作ってみる

エプロンを作るならオーダーメイド!おすすめの業者はどこ?に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧