漫画でわかる!オリジナルTシャツの作り方・注文方法

Tシャツのオンス(oz)とは?オンス(oz)を知ればより賢く楽しくTシャツ選びができる!

Tシャツのオンス(oz)とは?オンス(oz)を知ればより賢く楽しくTシャツ選びができる!

Tシャツ選びをするとき、よく目にするオンス(oz)。その意味を知らないままにしがちですが、実はオンスはTシャツ選びで重要なポイントなのです。

オンスとは、Tシャツの厚さを表す単位であり、着心地や耐久性に大きく関わってきます。記事では、オンス別の特徴やおすすめの使用用途、Tシャツの糸などについて解説します。最後まで読んでいただくことで、賢くTシャツ選びができるようになるでしょう。

オンス(oz)は生地の厚さを表す単位

オンスとは重さの単位であり、Tシャツに使われたら生地の厚さを表します。

日本人からすれば、重さはグラムで表現するのが一般的ですよね。しかし、Tシャツはアメリカ合衆国を中心に世界中へ広まりました。

アメリカでは、質量は「ヤード・ポンド法(オンス)」で示すのが普通です。そういった理由があり、日本でも生地の厚さはオンスで表示されています。

オンスが使われているだけで、よくわからないとアレルギー反応が起きてしまう人も多いと思います。しかし、基本的な考え方は簡単。オンスが大きくなるほど、Tシャツの生地は厚く重くなるだけです。

オンス別のTシャツの特徴

Tシャツのオンスは主に3種類に分けられます。ここからは、オンス別の特徴を解説します。

3~4オンスのTシャツ

「ライトウェイト」と呼ばれるTシャツは3~4オンスです。生地は薄いですが、軽くて爽やかな着心地を得られます。しかし、白を始めとする薄い色のTシャツだと、インナーや体が透けてしまう可能性があるので要注意。

生地が薄いぶん製造コストがかかっていないので、手ごろな価格で購入できます。また、コストを抑える目的ではなく、あえて生地を薄くしているTシャツもあります。代表的なのが、軽量素材ポリエステルを使ったスポーツTシャツ。

暑い季節のデイリーウェアや冬場のインナーなど、様々な場面で活用できます。

5~6オンスのTシャツ

一般的なTシャツのほとんどが5~6オンスです。程よく厚みがありながら、Tシャツが重すぎることはない、ちょうどいい厚さです。

Tシャツのスタンダードな厚さであり、一番人気でもあるため、カラーバリエーション豊富なのが大きな特徴。TMIXの定番Tシャツ(5.6オンス)は、カラーバリエーションが53色と幅広いのが自慢です。

実用的なTシャツ、もしくは豊富な種類のカラーから好みの色を選びたいのなら、5~6オンスのTシャツがおすすめ。

6オンス以上のTシャツ

6オンス以上のTシャツは「ヘビーウェイトTシャツ」とも呼ばれます。たっぷり厚みがあるため、耐久性が高いです。Tシャツの命でもある型崩れが起きず、長年使える一着となるでしょう。

透ける心配もほぼ不要ですが、3~4オンスのTシャツに比べると、少しばかり値段が高いです。

最近は、本場アメリカ製のような厚手でざらりとした質感のTシャツが人気です。Tシャツ一枚で格好良く決めたい方は、6オンス以上のヘビーウェイトTシャツがいいでしょう。

使用目的に合わせてTシャツのオンスを選べるようになろう!

オンスがTシャツの着心地や肌触り、耐久性などに影響を与えると分かりました。そのため、これからは使用用途に合わせて、Tシャツのオンスを選ぶようにしましょう。ここからはオンス別おすすめの使用用途を解説します。

3~4オンスのTシャツはイベントや物販におすすめ!

薄くて軽い着心地の3~4オンスのTシャツは夏頃に大活躍します。特に素材がポリエステルで、吸水速乾性に優れたものは、暑い季節のスポーツウェアにぴったりです。

もちろん普段着としても活用できますが、薄いぶん耐久性が少し弱めです。安い価格で大量生産できるので、イベントや物販、ノベルティグッズにぴったり。

3~4オンスの薄手Tシャツは、どちらかと言うと女性に人気です。しかし、インナーが透ける可能性があることは、頭に入れておきましょう。

透けるのが嫌な方は、黒や紺などの濃い目の色を選ぶ、もしくは重ね着をするのがおすすめです。また、型崩れ防止のため、ネットに入れてから洗濯してください。

5~6オンスはなんにでも使える万能Tシャツ

オンス選びに迷ったら、とりあえず5~6オンスにしておけば間違いありません。スタンダードな厚みなので、日常着からイベントまで、ありとあらゆる場面で活用できます。

特に、デイリーウェアやサークル/クラブ活動用など、着用頻度の高い用途で使うといいでしょう。

着心地良く、耐久性もあり、透ける心配もないので、初めてオリジナルTシャツを作る場合にもおすすめです。

6オンス以上のTシャツはデイリーユースにぴったり

6オンス以上の厚手Tシャツは、一枚で格好良く決まるTシャツを探している方におすすめです。

たっぷりの厚みなので、繰り返し洗濯しても、首元はよれません。丁寧に使ってもらえれば、何年も愛用できるでしょう。

また、6オンス以上だと白Tシャツを一枚で着ても、透ける心配は不要です。ヘビーウェイトTシャツは暑いと思われがちですが、透けるのを心配して重ね着するくらいなら、ヘビーウェイトを一枚着たほうが涼しいでしょう。

全体的に生地はやや硬めで、ごわごわしています。その無骨さが魅力でもありますが、硬い生地が苦手なら、コーマ糸や両面編みを採用したものを選ぶといいでしょう。

ライトウェイトと比べると値段は少し高いので、イベントや物販用には向いていません。6オンス以上のTシャツはデイリーユースにおすすめです。

お気に入りのTシャツのオンスを確認してみよう!

用途別でTシャツのオンス選びを解説しましたが、もうひとつおすすめの選び方があります。それがお気に入りのTシャツのオンスを確認することです。

オンスの確認方法は簡単です。基本的には、サイズ表記されているタグに、オンスも記載されています。オンスが記載されていない場合は、その商品の型番や製品名を公式サイトで検索してみてください。

手持ちのTシャツのオンスを意識しながら、着くらべることで、オンスごとの着心地の違いが分かると思います。

特にデイリーユース目的なら、お気に入りのTシャツや好きな着心地のものと同じオンスの商品を選ぶといいでしょう。

オンスのほかにもTシャツの着心地に影響を与える「糸」

Tシャツ選びで、オンスと同じくらい重要なのが糸です。糸の種類や太さによって、着心地は大きく変わります。Tシャツに使われる糸の基礎知識について、簡単に解説します。

糸の種類

Tシャツに使われる糸は、主に以下の3種類です。

・カード糸

綿の短い部分を5%ほどカットした最も一般的な糸です。やや太めの糸で、光沢や柔らかさはありません。そのため、Tシャツはさらりとシャリ感のある仕上がりになります。

また、製造コストがかからないので、カード糸で作られたTシャツは安価なものが多いです。

・コーマ糸

綿の短い部分を15~20%ほどカットした糸です。糸が均一なので、光沢があり柔らかな仕上がりとなります。

また、プリントが綺麗に映るメリットもあるのです。鮮やかなオリジナルTシャツを作りたいときは、コーマ糸使用の商品を選ぶといいでしょう。

・オープンエンド糸

簡単に言えば、空気を加えて作った糸です。糸の中に空気が入っているので、特有のザラ感が出ます。アメリカ製のTシャツの大多数はオープンエンド糸で製作されています。

糸の太さを表す単位「番手(ばんて)」

Tシャツに使用される糸も、細いものから太いものまであります。糸の太さは番手で表されるのです。番手の数が大きくなるほど、糸は細く軽くなります。

・番手が小さい糸は太く、丈夫で透けにくい
・番手が大きい糸は細く、肌触りが良い

大きい番手も、小さい番手もメリット・デメリットがあるように思えますが、実は肌触りが良くて丈夫な糸もあるのです。それが、細い2つの糸を合わせて1つにした双糸。

例えば、32番の糸は非常に細いですが、32番の糸を2つ合わせると16番と同じ太さになります。16番と32番の双糸は、同じ厚さながらも、双糸のほうが柔らかさがあるのです。

双糸は、耐久性と肌触りのよさを兼ね備えたハイブリッド糸と言えます。

まとめ

オンスはTシャツの生地の厚さを表す単位で、オンスが大きくなるほど厚みが出ます。オンスによって、着心地は大きく異なるので、使用用途に合わせてオンスを選ぶようにしましょう。さらに、糸の種類や番手もチェックできれば完璧です。

TMIXでは、様々な種類のオンスを用意しています。各商品にオンスの表示もしているので、普段着からイベント用まで、あなたの目的に合ったTシャツを見つけらるはずです。
 

Tシャツのオンス(oz)とは?オンス(oz)を知ればより賢く楽しくTシャツ選びができる!に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧