タオルがフンワリ長持ちする洗い方とコツ

タオルがフンワリ長持ちする洗い方とコツ

少し値の張ったお気に入りのタオル。洗濯を繰り返すことで、購入当初のフンワリとした肌触りや、弾力が変化してしまうのは避けられません。
ですが、正しいタオルの洗い方や干し方を実践することで、タオルの品質劣化にブレーキをかけることも出来るんですよ。

本記事では、大切なタオルを洗う時に役立てたい、知っておくと便利タオルを長もちさせる洗濯のコツをご紹介します。

目次

  1. 塩素系漂白剤・柔軟剤のタオルへの使い方
  2. 大切なタオルの洗い方
  3. 洗濯後のタオルは出来るだけ早くとりこもう
  4. タオルがフンワリする、正しい干し方
  5. まとめ

塩素系漂白剤・柔軟剤のタオルへの使い方

塩素系漂白剤は、正しく使わないと色落ちや生地の劣化の原因になります。水温、使用量、使用時間、薬剤の濃度によってタオルに及ぼす影響が変わって来るので、必ず取扱い説明書をよく読んで、正しく使用するか、使用を思い切って避けましょう。

柔軟剤については、タオルの肌触りを柔らかくする効果がありますが、使いすぎは厳禁になります。
柔軟剤には繊維をほぐす性質があるため、毛羽落ちが発生しやすくなってしまうからです。これからご紹介する正しい洗濯の方法を実践することで、長くタオルそのものの柔らかさを維持できるので、タオルがごわついて固くなったら、最後の手段として柔軟剤を取り入れてみてくださいね。

大切なタオルの洗い方

大量の水でゆったりと、泳がせるようにして洗う

水の節約ができるドラム缶式の洗濯機をご使用の家庭も増えてきているようです。ドラム缶式の洗濯機では、水道代が節約できる分、洗濯ものをたたきつけるようにして汚れを落としていきます。
すると、タオルの繊維が傷んでしまい毛落ちや、へたりの原因になってしまうんです。出来るだけ水を多く使用するモードに設定するなど、工夫をしてみましょう。

さらに沢山の洗濯ものと一緒にぎゅうぎゅうに洗うのも避けたいところです。他の洗濯ものと絡まることで、タオルの繊維を傷める原因になります。

  1. 水量はたっぷり
  2. 沢山の洗濯ものと一緒に洗濯しない
  3. 特に大切なタオルはネットで保護して洗濯

上記3点を抑えて、大切なタオルを洗濯してみてくださいね。

洗濯後のタオルは出来るだけ早くとりこもう

洗濯した後に濡れた状態で放置していると、繊維の硬化や生乾き臭によって、せっかくの柔らかな肌触りが台無しになってしまいます。出来るだけ早く取り込み、空気をしっかりと吸わせてフンワリとする干し方を実践してみてくださいね。その方法を以下にご紹介します。

タオルがフンワリする、正しい干し方

◇ステップ1:パイルを立ち上がらせる

脱水が終わったタオルを広げるか、2つ折にして少し強めに10〜20回パンパンと振ってあげます。こうする事で脱水の工程で潰れてしまったパイル・繊維が立ち上がり、空気を含みやすくなるので、洗濯前の様にフンワリと干しあがります。タオルによっては、洗濯前以上にフンワリ、ボリューミーになることも!ちょっとした手間ですが、確実に仕上がりが変わります。ぜひ、実践してみてくださいね。

◇ステップ2:風通しの良い日陰で干す

直射日光の下で干した方が殺菌になるかも!と考えがちですが、紫外線の力は想像以上に強く、かえって繊維を傷め肌触りを固くしてしまいます。風通しのよい日陰で干しましょう。

◇乾燥器がある場合は…

乾燥器機能がある場合は、乾燥機を使用してタオルを乾かすのが一番です。特にタンブル式乾燥機であれば空気を取り込みながら乾かしてくれるので、簡単にふんわりとした仕上がりになります。

まとめ

タオルが長持ちする洗い方のコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
簡単にまとめると、こんな感じになります。

  • タップリの水で余裕をもって洗う
  • ネットを使う
  • 塩素系漂白剤は出来れば使用しない、柔軟剤はタオルの固さが気になった時の最終手段
  • 洗濯後の空気を取り込む一工夫を実践する
  • または乾燥機の使用
  • 風通しの良い場所での日陰干し

タオルが長持ちする洗い方についてご紹介しましたが、TMIXで作ったオリジナルタオルも同じように洗うことで長く愛用することが出来ます。ぜひ洗い方を実践してみてくださいね!

 

タオルがフンワリ長持ちする洗い方とコツに属する関連記事

記事のカテゴリ一覧