ポロシャツは洗濯で縮む? 理由と対応策を紹介! 

ポロシャツは洗濯で縮む? 理由と対応策を紹介! 

洋服につきものの悩みが、洗濯による縮み。

それはカジュアルアイテムの代表格で、かつ丈夫で気軽に着用出来ることが特徴の「ポロシャツ」も例外ではありません。

「奮発して買ったブランド物のポロシャツが、体に合わなくなってしまった!」
「せっかくオーダーしたオリジナルポロシャツが、縮んでしまった!」

そんなトラブルは、悲しいかな、起こりうるのです。必ず縮むわけではありませんが、扱い方や洗濯のしかたを間違えると、縮みやすくなってしまいます。

こうしたポロシャツの縮みを防ぐには、どうすれば良いのでしょうか?
今回は、ポロシャツで起きがちな「縮みトラブル」の防止法をお伝えいたします!

目次

  1. ポロシャツはどうして縮むの? その仕組みを知って防ごう!
  2. こうすれば防げる! ポロシャツの縮み
    1. ポロシャツの「洗濯表示」をよく確認する
    2. ポロシャツへの洗剤は適切なものを使おう!
    3. ポロシャツは、よく延ばして陰干しする ~ 乾燥機は使わない! ~
  3. TMIXのポロシャツをご紹介

ポロシャツはどうして縮むの? その仕組みを知って防ごう!

まずはポロシャツの特性を知って、「縮み」を防止しましょう。

一般的なポロシャツに使われている生地は、「鹿の子」と呼ばれています。凹凸のある編地で、鹿の子状の細かい隆起があることが理由です。

ポロシャツの生地「鹿の子編み」

ポロシャツの生地「鹿の子編み」

利点としては、「通気性に優れる」「サラッとした着心地で汗が蒸発しやすい」などが挙げられますが、網目がたくさんあるぶん「平織りの生地よりも縮みやすい」という特性もあります。

このため、乱暴に洗ったり、生地の柔軟性を損なうような洗剤を使ってしまうと、網目の目が詰まって縮んでしまうのです!

とあるクリーニング店が行なった実験によると、「綿が50%以上が含まれているポロシャツは、5%程度縮む可能性がある」という結果が出ました。こうした変化は、1~3回程度の洗濯でも現れることがあるそうです。

そのため、洗濯する時には、ちょっとしたコツや注意が必要となります。ひと手間かけるだけで縮みにくくなるので、ぜひ知っておいてください!

こうすれば防げる! ポロシャツの縮み

それでは、いよいよ縮みを防止する方法です!下記にポイントと詳細を解説いたします。

1. ポロシャツの「洗濯表示」をよく確認する

洗濯表示

特にブランド物の高価なポロシャツは、「手洗い」や「ドライクリーニング」指定の物が少なくありません。
また、「蛍光剤配合の洗剤は使用できません」などの注意書きもあります。これらの表示をよく確認して、その指示に従うようにしてください。

なお、「手洗い」指定の場合は、いわゆる「おしゃれ着洗い用洗剤」を使うようにしてください。普通の洗剤よりも生地をしなやかに洗い上げてくれるので、縮みや型崩れがおきにくくなります。

2. ポロシャツへの洗剤は適切なものを使おう!

縮みやすい鹿の子生地には、洗浄力や脱脂力が強すぎる洗剤はあまり向いていません。汚れはよく落ちますが、先述の通り、生地のしなやかさや柔らかさを保ちにくくなるからです。特に「洗浄力」や「漂白力」を強調した洗剤には注意が必要です。

できれば「おしゃれ着洗い用の洗剤」を使って、「手洗いモード」で洗濯してください。普通に洗濯する場合は、以下のポイントに気をつけてください。

  • 柔軟剤を必ず入れる
  • 水温の指定(30℃までなど)を守る
  • 洗濯ネットに入れて弱水流(手洗いモード)で洗う
  • 脱水時間は短めにする(時間を短く設定する、手洗いモードで脱水する、など)

これらを行なうことで、生地の傷みを防いでポロシャツの縮みを防げます。

ポロシャツ

特に長時間の脱水は、生地をねじったり高速で回転させたりするため、デリケートな鹿の子生地が傷みやすくなります。くれぐれもお気をつけください!

2. ポロシャツは、よく延ばして陰干しする ~ 乾燥機は使わない! ~

乾燥機は、ポロシャツの縮みの大きな原因です!
激しく回転させたり、急激に乾燥させることで、鹿の子生地の網み目が詰まりやすくなってしまうからです。

ポロシャツを洗ったら、手でやさしく延ばして形を整えた上で、直射日光の当たらない場所で陰干ししてください。強い日光に当てて乾燥させることも、生地の縮みの原因となるからです。

また、裏返して干すようにすれば、日光による色あせや色落ちも防げます。
これらは着用時に浴びる日光でも起きますが、濡れた状態だとさらに影響を受けやすいからです。

陰干し

直射日光が当たらない陰干しで

「陰干し」と「裏返し」が、ポロシャツを干すときのポイントです!

いかがでしたでしょうか?

ポロシャツの特性をよく知って、いくつかのコツを実行するだけで、お気に入りのポロシャツを長くご愛用いただけます。せっかく作ったオリジナルポロシャツや、高価なブランドポロシャツを長持ちさせるためにも、ぜひ実行してみてください!

TMIXのポロシャツをご紹介

オリジナルポロシャツを作るベースとなるポロシャツは、以下の4種類あります。選べるサイズとカラーはそれぞれ異なるのでご注意ください。価格はプリントする面によって変わります(表面 → 裏面 → 両面の順にアップ)

ライトポロシャツ

¥2,990~4,290 サイズSS~3L/12色

ライトポロシャツ

ライトポロシャツ

軽めの素材を使用したライトな着心地です。袖口のリブニットがなくスマートな印象です。お手頃な価格でオリジナルポロシャツが作れます。

定番ポロシャツ

¥3,490~5,290 サイズJS~5L/16色

定番ポロシャツ

定番ポロシャツ

国内トップシェアのPrintstarを採用。シンプルで着心地が良く、型崩れしにくい生地です。色数とサイズ展開が豊富なポロシャツです。

ライトドライポロシャツ

¥3,990~5,490 サイズ150~L/1色

ライトドライポロシャツ

ライトドライポロシャツ

“吸汗速乾” 機能とメッシュ素材で爽やかな着心地です。汗を多くかくバスケなどのスポーツにおすすめです!

ラインポロシャツ

¥3,990~5,490 サイズSS~3L/14色

ラインポロシャツ

ラインポロシャツ

袖口と襟に2本のライン入り。ぜひラインを生かしたデザインでカスタムしてみてください!

ポロシャツは洗濯で縮む? 理由と対応策を紹介! に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧