ポロシャツの下に肌着は着る?インナーはどう選ぶ?

ポロシャツの下に肌着は着る?インナーはどう選ぶ?

「ポロシャツを着るときに、肌着やインナーを着るべきかどうか!?」

夏の薄着の時期になると、こんなことに悩む男性も多いことでしょう。ポロシャツの下にインナーは着るべきかどうか?着るべきであればどんなことに気をつけてインナーを選べばいいのか?について、女性からの意見も交えつつご紹介したいと思います。

目次

  1. インナーは着たほうが見た目もすっきり!
  2. ポロシャツのインナーは何に気をつけて選べばいい?
  3. 定番の「白」実はNG!?
  4. デザインはチラ見えしないものを
  5. 素材は機能に注目してチョイス
  6. カジュアルシーンで使いたい!インナーを「見せる」コーデ

インナーは着たほうが見た目もすっきり!

ポロシャツの下にインナーは着るべきかどうかについては、明確なマナーや決まりはありません。
つまり、インナーを着ても着なくてもその人の自由です。とはいえ、これはあくまでポロシャツを着る男性にとっての話。女性の目は、また違った角度からポロシャツのインナー問題をとらえています。

それでは男性のポロシャツのインナーについて、女性の意見をいくつかご紹介します

「汗っかきの人のポロシャツの背中や脇が汗でぐっしょりしているのって、気持ち悪い! 汗取りのためにもインナーは着て!」(20代・アルバイト)

「せめて白とか薄い色、薄手のポロシャツ着ているときはインナーを着てほしい。乳首がすけて、目のやり場に困ることが……これってセクハラなんじゃ、と思うこともあります。」(20代・営業職)

確かに、汗で色が変わったポロシャツは見た目にも清潔感がありませんね。。

薄手のポロシャツに乳首や胸毛などが透けて見えると、不快感を抱く女性もいることでしょう。ちなみに、薄い色のシャツから乳首が透けてしまう問題は、男性が思っている以上に女性にとっては深刻な問題のようです。
数年前には、素肌にワイシャツを着ていた男性社員が、女性社員にセクハラだと訴えられたこともあったとか(参照:週刊ポスト2013年11月1日号)。ポロシャツでも同じようなケースが起こらないとは限りません!

これらのことをあわせて考えると、「本来、ポロシャツにインナーを合わせるかどうかは自由。しかし、人に不快感を与えないようにするためにはポロシャツにもインナーを着用したほうがよい」という結論になるでしょう

ポロシャツのインナーは何に気をつけて選べばいい?

では、ポロシャツのインナーを選ぶときにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?再び女性の意見を聞いてみましょう。

「インナーの線がはっきりわかるのはダサい。」(20代・学生)

「いかにもインナー着ています!というのがはっきりわかると、なんかおじさんっぽい。」(20代・アルバイト)

「ポロシャツの前ボタンを少し開けて着る人っているじゃないですか。そこからインナーが見えるのと嫌ですね。」(30代・会社員)

どうやら、インナーを着ているとはっきりわかるようなものは嫌がられる様子。では、どのようなインナーを選べば大丈夫なのでしょうか?

定番の「白」実はNG!?

色は、自分の肌よりやや濃い目のベージュかグレーがおすすめです。

インナーと言えば白、と思う人もいるかもしれませんが、白いインナーは意外とインナーの線がはっきりわかります。自分の肌よりやや濃い目のベージュだと、白いポロシャツのインナーに着ても目立ちません。

ベージュのインナーが野暮ったく感じる人は、グレーを選ぶといいでしょう。

デザインはチラ見えしないものを

デザインは、Vネックや深Uネックでノースリーブ(タンクトップなど)のものがおすすめです。Vネックや深Uネックを選ぶと、前ボタンを開けてもインナーが見えることがないので安心。
ポロシャツ白
また、半袖のポロシャツに半袖のインナーを合わせると、袖丈によってはインナーがポロシャツの袖からはみ出てしまうことがあります。ノースリーブを選ぶとそのようなこともなく安心です。

素材は機能に注目してチョイス

現在は、さまざまなメーカーから夏向けの高機能インナー開発されています。汗をよくかくのであれば、吸湿性が高くよく汗を吸うものや、防菌防臭機能がある素材がおすすめです。

ライトドライポロシャツ

吸汗速乾素材を使用し、UVカット機能を備えた「ライトドライポロシャツ」

屋外での作業や仕事が多いのであれば、接触冷感素材やUVカット機能があるものをというように、ポロシャツを着るシーンに合わせて選んでくださいね。

カジュアルシーンで使いたい!インナーを「見せる」コーデ

目立たないことを目的にしたポロシャツのインナーの選び方をご紹介してきましたが、最後に、発想を転換して,インナーを「見せる」着方をご紹介します。

やや長めの着丈のインナーを選び、その上に着丈が短めなポロシャツを着れば、レイヤードスタイルが完成します。

出典:wear.jp

ポイントは、いかにもインナーという素材ではなく、コットンやリネン素材のものを選び、ポロシャツとの色をうまく合わせること。夏のレジャーやお出かけに試してみてはいかがでしょうか?業種や合わせる色によっては、クールビズにも使えるかもしれません!

ポロシャツの下に肌着は着る?インナーはどう選ぶ?に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧