【コツはたったの3つ】スマホだけで、誰でも超簡単!にキレイな写真を撮る方法

【コツはたったの3つ】スマホだけで、誰でも超簡単!にキレイな写真を撮る方法

年々スペックの上がるスマートフォン。カメラの解像度も高くなり、いつでもどこでも撮影できる便利さから、すっかりデジカメを持ち歩くことも少なくなりました。ブログやFacebook、Instagramでも、iPhoneなどのスマートフォン(以後、スマホ)で撮った写真を、その場でスマホからアップした記事が圧倒的に多くなり、美しい写真を見ると、その場を共有できている気分になり、とても楽しいものです。

ただ、他の人のキレイな写真と比べて、「自分の写真はなんだかいまいち・・・もう少しプロっぽい良い写真が撮れたらいいのになぁ」などと感じたことはありませんか?
みんなが「いいね!」と思ような、キレイな写真を撮るためには、どうしたらよいのでしょうか。
今回は、スマホで写真を撮るときに意識しておきたい、3つのコツを紹介しますので、それをしっかり抑えて、今までとは一味違った写真に挑戦してみましょう!

目次

  1. ① 手ぶれ、ピンぼけを防ぐ
  2. ② 影の写り込みを避け、光源を意識する
  3. ③ 写真を撮る構図を考える
  4. もう1ランク上の写真を目指して!

① 手ぶれ、ピンぼけを防ぐ

スマホカメラの代表的な欠点に、手ぶれを起こしやすいことが挙げられます。本体を持っている手が動いてしまったり、画面をタップしたときにカメラが動いてしまうなど、皆さんも経験があるかもしれません。特に、屋内や日陰、夜といった場所では、光が少ないため、手ぶれが起きやすいので注意が必要になります。テーブルなどの台が利用できるようであれば、肘をついてしっかりスマホを持つ手を固定するようにしましょう。

意外と知らない方が多いのですが、スマホ(iPhone)のカメラは、シャッターボタンから手が離れたときに撮影されることはご存知でしょうか?
試しに、シャッターボタンに触れたままにしてみましょう。シャッターが切られないことがわかります。ですので、タップすることでスマホが動いてしまう場合には、シャッターボタンに触れてから、そっと手を離すように心がけましょう。
また、手ぶれを避けるために、あえてセルフタイマー(自動撮影)を使うことも有効的です。ボタンを押した数秒後に自動でシャッターが押されますので、撮影の瞬間にスマホが動くことがありませんね。

三脚を使ってiPhoneで撮影

三脚を使ってiPhoneで撮影

撮影者が注意して、カメラが動さないようにしていても、被写体側が動いてしまえばブレた写真となってしまいます。その場合には、連写機能を使って連続撮影するのはいかがでしょうか?
iPhone5s以降の機種なら、高速連写(バースト)機能が備わっていますし、その他の機種でも、超高速連写アプリがいくつかありますので、是非試してみてください。

スポーツをしている人や、じっとしていることが多くない子どもなどには効果的で、連続する複数の写真の中から決定的な瞬間を捉えた1枚を選ぶことができるはずです。

iPhoneを使った高速連写撮影の例

iPhoneを使った高速連写撮影の例

手ぶれと同じく、全体がぼやけてしまう写真の原因にピンぼけがあります。スマホのカメラでは、画面のタップした場所にピントが合うになっていますので、撮影前に必ず画面内を軽くタップしましょう。タップしたときに、ピントと同時に、明るさも調整されますので、試しにいろんな場所をタップしてみてください。画面の明るさが変わることがわかります。

「なにを一番目立たせないのか」撮影前に撮りたいもの=”主役”を明確にして、暗くなったりボケたりしないよう、ピントと明るさを調整してみてくださいね。

ピントが合っていないときは、画面をタッチしてピントを合わせましょう

ピントが合っていないときは、画面をタッチしてピントを合わせましょう

 

ポイント!

  • テーブルなどの台に肘をついてスマホを持つ手を固定する
  • タップする際にスマホが動く場合、シャッターボタンに触れてから、そっと手を離す
  • セルフタイマー(自動撮影)を使う
  • 被写体側が動く場合は連射撮影をする
  • 撮影前に被写体をタップしてピントと明るさを調整する

② 影の写り込みを避け、光源を意識する

続いて、写真の明るさ・影について、詳しく説明していきます。全体的に画面が暗い場合などは、前述したとおり、撮影前にタップすることで明るさを調整することができますが、部分的に暗い影が写るといった場合には、撮影する方向や光との位置関係を注意する必要があります。

ありがちな失敗ですが、被写体に明るくするために「逆光」を避けて撮ろうとすると、撮影者の後ろ側に光源がきてしまい、撮影者自信や手に持ったスマホの影が写り込んでしまうことがあります。
「逆光は顔が暗くなるのでよくない」と思いこんでいる方もいるかもしれませんが、スマホ(iPhone)も含め最近の高機能なデジカメは、撮りたいものに合わせて明るさ(露出)を調子してくれるようにできていますので、一度逆光も試してみましょう。

逆光でもカメラが明るさを調整してくれる

ただ、逆光で被写体を明るく補正とすると、背景が明るくなりすぎて白く飛んでしまう場合があります。それを避けるには、側面や被写体のやや斜め後ろから光が入る「半逆光」がおすすめです。
半逆光で撮影した写真は、影が強くなりすぎず、全体的に柔らかく自然な雰囲気の写真になります。いろんな角度から撮影して、比べてみるとおもしろいでしょう。

 

ポイント!

  • 被写体に影が映り込む場合、撮影する方向や場所を変えて調整する
  • 撮影者自身やスマホの影が入っていないか確認する
  • 逆光でも、撮影前に被写体をタップして被写体を明るく写すことができる
  • 被写体の横または斜め後ろから光があたる「半逆光」なら、陰影の強すぎない自然な写真になる

③ 写真を撮る構図を考える

最後に構図についてお話しますが、ここでちょっと、最近撮影した写真を振り返ってみてください。
一番の主役が何か、一目でわかる写真になっているでしょうか。また、その主役のどのような雰囲気、表情を撮りたかったのか、思い出せるでしょうか。写真を撮るときには、「花をキレイに撮りたい」「楽しそうな集合写真を撮りたい」「かわいい子どもを撮りたい」など、「なにをどう撮りたいか」という狙いがあるかと思います。それが伝わるような写真を撮ろうとすると、出来上がりがかなり変わってきますので、撮影前に意識するようにしましょう。

この写真の主役は背景の壁。人を目立たせないなら、シンプルな背景で撮影を

まず、目的の被写体より目立つものがないよう、動かせるものは動かし、撮影する向きを変えたりして調整します。画面の縁を一周確認して、背景を確認して見てください。撮影後に写真加工してもよいのですが、主役の近くを切り取ることは難しいので、予め写さないようにし、少なくとも被写体の周りはスッキリさせましょう。

人物にフォーカスし、かぶらない配色で撮ることでより人物が引き立ちます。

そして、撮りたい様子が一番伝わる位置や角度を探します。カメラ越しに見る前に、まずは実際に目で確認して、「なにをどう撮りたいか」をはっきりさせると良いでしょう。そう考えることで、何気なく行っていた写真撮影も楽しくなってきますね。構図が決まったら、主役を軽くタップして、パシャリ!でOKですね。

ポイント!

  • 「なにをどう撮りたいか」という狙いをはっきりさせる
  • 主役より目立つものが写らないよう、撮影向きや背景、まわりのモノの位置を変えて調整する
  • カメラ越しではなく、まず自分の目で、撮りたいものが一番伝わる角度や位置を探す

もう1ランク上の写真を目指して!

「プロっぽさ」を感じる写真を撮影するために、構図に関連して少し話を深めていきます。皆さんは、写真を撮影するときに、「水平」「垂直」を意識していますか?

SNSにアップされている写真の中に、斜めに傾いている写真をよく見かけます。友人の写真を見て、なんとなく違和感を感じることがあるとしたら、それは水平がとれていないのかもしれません。地面が傾いていたり、建物や木が斜めになっていたりなど、「水平」「垂直」が保たれていない写真は不安定で、どこか落ち着かない写真になってしまいます。プロの方でさえも、水準器を使って水平を測ることがありますが、手持ちで撮影するスマホでは、特に陥りやすいポイントです。

「敢えて」斜めに撮影する写真をのぞいては、しっかり水平をとって安定感のある写真にしましょう。

水平線が右肩下がりになり、不安定な構図の例。

水平線が右肩下がりになり、不安定な構図の例。

水平が整っていると、美しい写真になります。

水平が整っていると、美しい写真になります。

最後に「三分割法」という構図を紹介します。

iPhoneなどのカメラで「グリッド」をONにしたとき、なぜ画面に縦横の線が2本ずつ表示されるのか、疑問に思った事はありませんか?
中心位置を示すだけなら、縦横1本ずつだけよいはず・・・これは、「三分割法」という構図で撮影しやすくためです。縦横2本の線によってできた4つの交点のいずれかに主役を配置する方法で、全体がバランス良くまとまった写真になります。

グリッド線の交点に主役を配置する

「三分割法」で顔を左上の交点に配置。中央配置とは異なり奥行きが表現される。(注:写真は加工しています)

また、水平線や高い建物など、直線的なものを含む写真では、縦横3分の1に分けた線上に境目が来るように配置するとよいでしょう。「三分割法」は、カメラ構図の基本中の基本で、しかも最も使える構図ですので、ぜひ試してみてくださいね!

さらに、水平線を上から3分の1の位置にすると、砂浜が強調され広がりのある写真に!

ポイント!

  • 「水平」「垂直」を意識し、写真が傾いていないか確認する
  • 縦横2本の線の交点に被写体を配置する「三分割法」の構図で、バランスが取れたひと味ちがう写真になる
  • 水平線の横線やビルの縦線など、境目は縦横3分の1に分けた線上に配置することで、広がりや奥行きが強調される

 

いかがでしたか?ここで紹介したポイントを抑えて、早速写真を撮ってみましょう!
手ぶれはしていませんか?光の具合はどうなっていますか?どんな構図で撮りましたか?

写真の与える印象は大きく、まさに「百聞は一見に如かず」で、文章よりも瞬時に視覚的に訴えかけますが、美しい写真はより心に残るものです。自分の撮ったいまいちな写真を振り返り、パッとしなかった原因を探っていくと、コツがつかめてくるはず・・・
写真に想いを込めて、「なにをどう撮りたいか」を考えると、自ずといい写真が生まれてきます。

いい写真が撮れたら記念に、あなただけの世界でただ1つだけのオリジナルTシャツやバッグ、パーカーなどをオリジナルTシャツプリントのTMIXで作ってみてくださいね!

 

【コツはたったの3つ】スマホだけで、誰でも超簡単!にキレイな写真を撮る方法に属する関連記事

記事のカテゴリ一覧